【厳選!】医療通訳で使う医療英語の発音が学べるYouTubeチャンネルおすすめ9選!楽しく医療英語を耳に慣らせよう!

勉強のコツ
読者さん
読者さん

「この医療英語、実際に聞いたことないけど、本当に使うの?」

「教科書には書いてあるけど、本当に医療現場で使ってるの?」

「どのシチュエーションで使える表現なの?」

「この医療英単語の発音はどうなの?」

「海外で医療経験がないから分からない。。。」

Suzy
Suzy

そうですよね。

海外で受診したり医療現場で働いた経験がなければ、医療英語って馴染みがないし、発音が難しいですよね。

医療英語には、

  • 普段使われている「一般的な医療英語」
  • 医療現場で使われる「専門的な医療英語」

があります。

実際に聞いたり自分が使ったりしない医療英語が出てくると、発音が分からず通訳の時に不安ですよね。

実は、その不安を解消するためにオススメなのが、YouTubeなんです!

こんにちは。

現役医療通訳士のSuzyです。

今回は、あなたにぜひ紹介したい医療英語の発音が学べるYouTubeチャンネルを厳選してみました。

YouTube動画の倍速再生方法などを詳しく知りたい方は、こちらの記事の「YouTubeの使い方」をご覧ください↓

では早速紹介していきますね。

Dr. Mike Varshavski 

こういう方におすすめ!

笑いながら医療英語に触れたい方

一般向け動画

  • Dr. Mikeは実際に活動している米国公認のFamily medicine専門医。
  • コンテンツが豊富ながら、一貫しているのはもちろん医療!
  • どんどん医療英語が出てくるので、動画を見ているだけで自然と医療英語に触れられる。
  • 正確な字幕が出る→分からない単語をメモして検索できる。

『Doctor Mike』

Doctor Reacts To Cells At Work: Code Black Ep #1
Doctor Reacts To Cells At Work: Code Black Ep #1

TED-Edチャンネル内の医療系プレイリスト

こういう方におすすめ!

アニメーションを見ながら病気や身体の仕組みに関して知りたい方

一般向けアニメーション

  • アニメーションの説明が分かりやすい。いろんなタッチの作画で楽しく観れる。
  • 原稿があるので、通訳スキルのトレーニングにも使える。
  • 楽しみながら英語脳を鍛えられる。
  • 声のプロのナレーションなので、オーバーラッピングに最適。

『TED-Ed』内のプレイリスト『Getting Under Our Skin』『Human vs. Viruses』

Is there a disease that makes us love cats? – Jaap de Roode
Is there a disease that makes us love cats? – Jaap de Roode

オーバーラッピングについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

TED-Ed原稿の入手方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

WebMD

こういう方におすすめ!

病気の予防や対処法を学びたい方

一般向け医療情報

  • 世界最大級のアメリカ医療情報サイトWebMDのYouTubeチャンネル。
  • 健康に関する情報を提供している、一般患者目線の動画に特化。
  • 病気の予防に関しての動画が充実しており、日々の生活に役立つ。

『WebMD』

How Old Is Your Heart?
How Your Body Uses Cholesterol

Osmosis

こういう方におすすめ!

専門的に医療を学びたい方、医学生や看護学生。

医学生向けレクチャーアニメーション

  • イラストを使って様々な疾患や症状を医学的に説明。
  • 喋り方がカジュアルで聴きやすい。
  • 多くの診療分野を詳細にカバー。

『Osmosis』

COVID-19 (Coronavirus Disease 19) – February Update – causes, symptoms, diagnosis, pathology
COVID-19 (Coronavirus Disease 19) – February Update – causes, symptoms, diagnosis, pathology

RegisteredNurseRN

こういう方におすすめ!

看護手技を英語で学びたい方

看護師や看護学生向けレクチャー

  • 看護師のSarahが、臨床で使う看護技術・手技を動画で解説。
  • 常に看護師の視点で説明。
  • ホワイトボードを使って行うレクチャー動画で、臓器や身体の仕組みを詳しく紹介。

『RegisteredNurseRN』

Vital Signs Nursing: Respiratory Rate, Pulse, Blood Pressure, Temperature, Pain, Oxygen
Vital Signs Nursing: Respiratory Rate, Pulse, Blood Pressure, Temperature, Pain, Oxygen

Ninja Nerd Lectures

こういう方におすすめ!

解剖学、病理学、生理学、生化学などを英語で学習したい方

医療系学生向けレクチャー

  • ホワイトボードを使った授業のようなレクチャー動画で、図解が分かりやすい。
  • 様々な領域を詳細にカバー。Zachの知識の豊富さに脱帽。
  • 「今までの学校の授業や教科書は何だったんだろう?」と思わされる動画。

『Ninja Nerd Lectures』

Cell Biology | Passive & Active Transport | Endocytosis & Exocytosis
Cell Biology | Passive & Active Transport | Endocytosis & Exocytosis

Nucleus Medical Media

こういう方におすすめ!

患者の立場から疾患や治療について知りたい方

患者教育・IC用治療説明3Dアニメーション

  • 短い時間で疾患や治療に関して学ぶことができる。
  • アニメーションが綺麗でついつい見入ってしまう。
  • プロのナレーションなので、シャドーイングの音源としておすすめ。

『Nucleus Medical Media』

シャドーイングの方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

Mayo Clinic

こういう方におすすめ!

疾患や治療法に関して医師の説明を聞きたい方

患者教育・IC用治療説明動画

  • それぞれの専門分野の医師が症状、疾患、治療法について説明。
  • Mayo Clinicの病院紹介ビデオでもあるため、サービスや施設紹介の動画もある。
  • 再生リストQ&Apodcastはラジオ感覚で聴けるのでおすすめ。

『Mayo Clinic』

Colorectal Cancer Virtual Town Hall
Risks and symptoms of colorectal cancer – Mayo Clinic

Merck Manuals の Consumer Version再生リスト

こういう方におすすめ!

シャドーイングやオーバーラッピングの医療通訳トレーニングをしたい方

一般消費者と医療者用動画

『Merck Manuals』

How the Body Absorbs and Uses Medicine | Merck Manual Consumer Version
Biology of the Kidneys and Urinary Tract | Merck Manual Consumer Version

シャドーイングのトレーニング方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

オーバーラッピングのトレーニング方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓

海外(英語)のYouTube動画で医療英語の発音を学習するメリット

海外のYouTubeチャンネルで医療英語を学習するメリットは、いくつかあります。

メリット
  • 専門家の正しい医療英語の発音が学べる
  • 実際に使われている医療英語が聞ける
  • 動画を見ることで視覚的に学べる
  • 無理矢理ではなく、楽しみながら医療英語が学べる
  • 聞き流しだけで耳が医療英語に慣れる
  • 自然な英語表現に触れられる
  • 再生速度を上げるとリスニングスキルの向上が期待できる などなど

例えば、

  • heart attack(心臓発作)→「一般的な医療英語」
  • myocardial infarction(心筋梗塞)→「専門的な医療英語」
  • stroke(脳卒中)→「一般的な医療英語」
  • cerebral infarction(脳梗塞)→「専門的な医療英語」
  • chest compression(胸部圧迫)→「一般的な医療英語」
  • CPR (cardiopulmonary resuscitation) (心肺蘇生)→「専門的な医療英語」

これらの医療用語は教科書に載っていますが、実際に使われている現場を経験していなければ、通訳の際に不安になりますよね。

特に発音が正確に出来ていないと、外国人患者さんには伝わりません。

そういうことが起きないために、日頃から医療英語に耳を慣らせておく必要があります。

なぜかと言うと、人間は聞いたことがない音は正確に発音できないからです。

例えば、それらの医療英語がバンバン出てくるのがイケメン先生、Dr. MikeのYouTubeチャンネル。

彼の動画はエンタメなので、楽しくてついつい見入ってしまいます。

しかも知らず知らずのうちに医療英語が耳に馴染んできます。

通勤中は動画を見て、子どもの送迎時や料理中は動画音声を聴くなど、忙しいママさんでも常に英語に触れていられます。

家族にとがめられても大丈夫!

そこは「勉強中です」と胸を張って言いましょう笑

YouTubeを活用することで、あなたも楽しみながら医療英語が学習できると思います。

まとめ

YouTube
チャンネル
こんな方におすすめ
1『Doctor Mike』笑いながら医療英語
に触れたい方
2『TED-Ed』内の再生リスト
『Getting Under Our Skin』
『Human vs. Viruses』
アニメーションを
見ながら病気や
身体の仕組みに
関して知りたい方
3『WebMD』病気の予防や対処法
を学びたい方
4『Osmosis』専門的に医療を
学びたい方、
医学生や看護学生。
5『RegisteredNurseRN』看護手技を
英語で学びたい方
6『Ninja Nerd Lectures』解剖学、病理学、
生理学、生化学などを
英語で学習したい方
7『Nucleus Medical Media』患者の立場から疾患
や治療について
知りたい方
8『Mayo Clinic』疾患や治療法に関して
医師の説明を聞きたい方
9『Merck Manuals』シャドーイングや
オーバーラッピングの
医療通訳トレーニングを
したい方

いかがでしたか?

医療通訳の勉強を始めた当時、正しい発音を知りたくて動画を検索しまくりました。

今回ご紹介したのは、その中で出会ったおすすめのチャンネルです。

あなたも是非参考にして医療英語の発音はもちろん、英語で医学や医療情報を楽しく学んで下さい。

自信がついたら、医療英語に関する資格を取得してみませんか?↓

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました